1. ホーム
  2. 印鑑の素材
  3. ≫欠けにくい丈夫な印鑑素材は?第1位は今人気の万能印材

欠けにくい丈夫な印鑑素材は?第1位は今人気の万能印材

実印の欠け、銀行印の欠けは致命的!すぐに丈夫な印鑑へ改印しよう

実は印鑑が欠けてしまうことはよくあることなんです。ちょっと落としただけなのに落ち方が悪ければすぐにパキッ。ほとんどの場合は縁が欠けます。これが認印とかならあまり気にすることもないのでしょうが、届け出ている銀行印だと使えなくなることもあるので大変。ましてや実印が欠けてしまうなんてことになったら大変です。 軽微な欠けならばそのまま使い続けることも可能ですが、大事な印鑑を欠けたまま使い続けるのは何か不吉な感じがしてしまいますよね。なんとか修復できないかと考える方も多いようですが実印も銀行印も変更(改印)できるわけですから素直に新しいものに作り変えることを強くおすすめします。

欠けにくい丈夫な印鑑素材おすすめランキング

新しく印鑑を作り直すとなれば同じ過ちを繰り返さないために次は欠けにくい素材を選ぶべきです。でも印鑑素材ってすごく種類があってどれが丈夫なのかほとんどの方はよくわからないんじゃないかと思います。そこで欠けにくいおすすめ素材をピックアップしてみました。

チタン

ダントツで丈夫なおすすめ素材はチタンです。なにせ宇宙工学や飛行機の部品などでも使われている頑丈な素材ですので木製や動物の角牙などと比較にならない堅牢性を誇ります。金属製なので錆びたりしないの?と思われるかもしれませんがチタンは耐蝕性も高く錆びる心配もご無用。金属の印鑑ってどうなのさ?という声も聞こえてきそうですが、最近では会社の業務などで頻繁に印鑑を使う場面などでも当たり前のように使われています。一般的な素材は使えば使うほど擦れて摩耗していくのですがチタンにはその心配がほぼ無いのですから当然と言えば当然ですね。多くの印鑑ショップでも人気素材の上位の常連です。迷ったらコレしかありません。

 

彩樺・アグニ・玄武

金属はなんかやだなと思ってる方もいるんではないでしょうか。そんな方には木製のものからピックアップして彩樺をおすすめします。なんで2位に3つも並べてるの? スミマセン。アグニ、玄武は彩樺の色違いなもので同じ扱いにさせてもらいました。アグニは赤彩樺、玄武は黒彩樺とも呼ばれます。この彩樺ですが実はこれ、北方の寒い寒い地域にある新樺という木材とフェノールレジンと呼ばれる樹脂を使い高圧加熱処理して人工的に作り出された木製素材なんです。この素材のどこが良いのか?まず一つ目に高圧で圧縮処理されているので通常の木材と比べて何倍も丈夫です。そして素材の伸縮もしにくく、ひび割れも起きにくいんです。ですからただ切り取られただけの一般的な木材とはその丈夫さが比較になりません。それでいて木目の模様が綺麗に映え、木材の暖かみを感じられる一石二鳥な素材なのです。

 

斧折樺

金属?圧縮木材?なんか違うなあ。そう感じた方のためにもう一つ取り上げましょう。そのなも斧折樺という木製印材です。オノオレカンバと読みます。斧が折れる樺。そうです、斧が折れてしまうほど堅い木と言われことからこの名前がついている木材です。日本の木の中で最も比重が重いとされるほどガッチリ詰まった堅い固い木材です。この素材はその特徴を活かして櫛や箸など細く折れやすいものなどで使われています。印鑑も彫った印面は薄い部分が多いために欠けやすいので密度の高い斧折樺は印鑑強度を上げるためにはもってこいの素材なのです。彩樺とは違い、この堅さは自然のものですので無垢材のほうがいいなと思われる方に最適です。

 

 

シェアをお願いします。

おすすめ印鑑通販サイト

印鑑通販サイトおすすめ人気ランキング

急ぎもOK!即日発送対応ショップ

すぐ欲しくても大丈夫!即日発送印鑑通販サイト

完全手彫り対応の印鑑ショップ

「完全手彫り」で実印・銀行印を彫ってくれるおすすめ印鑑通販店