1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫印鑑が欠けたらどうする?実印や銀行印、使い続けても大丈夫?

印鑑が欠けたらどうする?実印や銀行印、使い続けても大丈夫?

欠けたり割れて壊れた印鑑の対処方法。実印や銀行印など役所や銀行に登録された印鑑を落としてしまったりして欠けてしまったらどうなるでしょうか?そしてどのように対処するのが適切でしょうか?

欠けた実印や銀行印を使うことの問題点

印鑑が欠けてしまうことはよくあることなんです。ちょっと落としただけなのに落ち方が悪ければすぐにパキッ。押すときに力が入りすぎてメキッ。特に欠けやすいのは印鑑の縁の部分です。

銀行印の欠け

これが認印とかならあまり気にすることもないのでしょうが、銀行届出印だと欠けた程度によっては使えなくなります。欠けたのが文字部分であればもう使えないと思ってください。

縁の部分であれば欠けの程度によりますがまだ使えることもあります。ただ、欠けてしまった銀行印を使うのは格好の良いものではありませんし、お金に関わるものなので縁起も悪いように感じてしまいます。

それでも使い続けたとしても一度欠けると不均等に力が加わるためその部分が欠けやすくなってしまい作り直すことになるのは時間の問題です。

改印は簡単にできますので通帳と欠けた印鑑、新しい印鑑、身分証を持って銀行へ行って手続きすることを強くおすすめします

 

実印の欠け

実印が欠けた場合はどうでしょうか。登録できる実印の規定は各自治体で決められています。

ほとんどの項目は似たり寄ったりですが、欠けに関してははっきりと「欠けていないもの」と記されている自治体と品川区のように「外枠が欠損したもの(20パーセント以上)」は登録できないというようにある程度は許容している自治体とがあります。

参考リンク品川区HP「印鑑登録できる印鑑は」

しかし、欠けを許容している場合でもそれは印鑑登録時の条件です。印鑑登録をしたときは欠けていなかったものが欠けてしまうということは印鑑証明の印影と現物が違ってしまっているということです。その印鑑で契約先が納得してもらえるでしょうか

仮に欠けた印鑑で契約先が受け入れてくれたとしても他の契約先がどう判断するかはその時になってみなければわかりません。銀行印の欠けであれば銀行側が良しとすればよいのですが、実印の欠けは判断する相手が銀行だけではありません。毎回違った相手が判断をすることになります。

この先、問題なく使えるかどうかもわからない実印を使い続けるくらいなら役所へ行って新しい印鑑を登録し直すべきです。

 

改印したら過去の契約や口座引き落としはどうなる?

実印や銀行印を新しいものに改印したら旧印鑑を使って結んだ契約やクレジットカード、公共料金の引き落としなども無効になってしまうのではないか?そう心配されている方も多いと思います。

実印を捺した契約書はその契約時点で印鑑登録された印鑑と同じものをあなたが持っているかどうか、要するにあなたが本当に契約者本人であるかの本人証明として使われています。ですから契約締結後に登録印を変更してもなんら問題ありません

銀行の引き落としに関しても改印後に何か特別にする必要はありません。残念ながら(?)容赦なく引き落とされます(笑)

改印しても過去の契約が無効になることはありませんから、印鑑が欠けたのであれば安心してすぐにでも新しいものに変更しましょう

 

今使っている印鑑を修理してでも使いたい

買い換えるべきとは言われても象牙など高価な印材の印鑑であればなんとか修復できないものかと考えるのは当然かもしれません。

実際に印鑑の修復をしてくれる業者もあります。印材にもよりますが、新たに彫り直してもらえばまた欠けのない印鑑として使えるようになります。

但し、彫り直しをしたものは印影が変わりますので実印であれば印鑑登録もし直さなければなりませんし、銀行印もまったく別の印鑑として改印をする必要があります

彫り直しの値段は決して安いものではありません。よほど高価な印材であったり思い入れのあるものでなければ新しく買い替えることをおすすめします。

 

欠けた印鑑はすぐに変更する

いずれにしても欠けてしまった印鑑を使い続けて良いことは何もありません

もし、欠けたまま問題なく使えたとしても一部が欠けてしまった印鑑は更に欠けやすい状態になっている可能性が高く、いずれ買い換えることになるのは明白です。

また、印鑑は縁起物でもありますのでそのまま使い続けるのはあまり良い気分ではないでしょう。

変更手続きは役所や銀行に行かなければいけないので面倒と思われるかもしれませんが、手続き自体は案外簡単にできるものです。

できるだけ早く新しい印鑑を購入して変更するようにしましょう。

 

おすすめの欠けにくい印鑑素材

せっかく新しい印鑑を作るのですからできるだけ欠けにくいものを選びたいものです。欠けにくい印鑑選びで一番重要になってくるものはやはり印材です。

できる限り欠けにくく、丈夫で長持ちする印材でおすすめなのがチタン印鑑です。メンテナンスも驚くほど簡単で最近特に人気が高くなってきている素材です。

チタン印鑑がどんなものなのかを解説したページがありますので参考にしてみてください。

シェアをお願いします。

おすすめ印鑑通販サイト

印鑑通販サイトおすすめ人気ランキング

急ぎもOK!即日発送対応ショップ

すぐ欲しくても大丈夫!即日発送印鑑通販サイト

完全手彫り対応の印鑑ショップ

「完全手彫り」で実印・銀行印を彫ってくれるおすすめ印鑑通販店